簡単に探すことができる不動産を利用しよう【申し込みは簡単】

競売との違い

積み木

注目される手続き

住宅を購入するという人の多くは、一括ではなく住宅ローンを利用して購入しています。住宅の購入費用は、高額であり、当然のことながら支払期間も長期にわたります。その為、利用者の生活スタイルや状況が一変するという事も珍しいことではありません。福岡で住宅ローンの支払いが滞ってしまったという場合、住宅を手放すことで住宅ローンの残債を減らすもしくはゼロにすること出来ます。住宅を手放す方法としては、競売という方法があります。競売では、裁判所に住宅ローンの融資元である金融機関が申し立てを行い、強制的に住宅を売却するというものです。売却価格は、相場に比べて低額であることがほとんどです。競売では、周囲の人に競売物件であることが知られてしまうというリスクもあります。そこで、福岡では競売よりも任意売却を選択するという人が多いようです。福岡でも多くの人が希望する任意売却を選択する人が多くなっている理由としては、競売よりも多くのメリットがあるということが挙げられます。福岡で任意売却を行うことのメリットとしては、相場と同じくらいの価格で住宅を売ることが出来るという事があります。そして、競売ではこれまでと同じところに住み続けるということは出来ませんが、任意売却であればそのままその場に住み続けることが出来るという場合もあります。また、引っ越しが必要となる場合でも、引越し費用を住宅の売却価格の中から捻出することが出来ることもあります。